Simple life*

見たこと聞こえたこと感じたこと思うまま

小さな人から学んだこと

新しい命が”人”として我が家にやってきました。妊婦時代に重い体を必死に持ち上げて家の中を大掃除して、小さい服やら何やらを洗濯して整理して・・・予定日の6月16日までに!と準備をすすめていた。大方完成したのは、6月頭。準備万端だよー、と一息ついた…

大切な人を大切にするということ

今日という日が明日も明後日も5年後も10年後も続くって思ってるけどもしかしたら明日は来ないかもしれないそんなあたりまえのことがあたりまえの日常の中に埋もれてしまう 隣で寝息が聞こえることおはようと朝の挨拶を交わせることおいしいねと食事を楽しめ…

田舎での人付き合いがわたしに与えてくれること

「仕事やめました。」の報告をすると、「お疲れ様」と声かけをしてくれる人がたくさん。対面で伝えてくれる人、直接メッセージをくれる人、電話をくれる人、花束を渡してくれる人・・・いろんな方法で伝えてくれる心の形。それがなんともあったかくて・・・…

辞める時に気付くこと「仕事やめました」

今日、ひとつの節目を迎えました。古座川町に来てから今まで続けていた仕事をやめました。串本にある島のパン屋さん”nagi”。今までいろんな職場を経験しましたが、仕事も人も環境も、間違いなく1番大好きで心地よい職場でした。古座川町に来る前は、1年間…

生活のベースが違うということ

先週から5日ほど大阪・京都へ行っていました。友達と会ったり、買い物したり、古座川町ではあまりできない時間の使い方をしたわけですが。初日の夜から思ったこと・・・「都会に出ると、健康的じゃないなあ」まず、生活が不規則。夜はわりと遅くまで予定が…

本物を知る人々と一緒にいるということ

田辺から友人夫婦が家を訪ねてきてくれました。「友人」と言っても、同年代ではなく、自分たちの親世代。しかも、昔からの知り合いでもなく、去年一昨年?あたりに出会ったばかり。それでも、仲良くさせてもらってる。そのご夫婦がまたいい。奥さんの何の交…

最高の相手に出会えた時こそ自立しなければ。

秋から冬にかけての楽しみは、枯れ葉を踏んで歩くこと。くしゃくしゃぱりぱりぺきっいろんな音となんとも言えない感触。あれが好きでこの時期の散歩はいつも足元がにぎやか。今年はもうひとつ発見。どんぐりを踏むのも楽しい。家の近くにどんぐりがたくさん…

鴨をさばくといろんな職種を経験できる。

クリスマス。わたしは毎年サンタの格好して街中をうろちょろして過ごしてました。シングルの時もそうじゃない時も。洋服着なくても変な目で見られない年に2回のうちの貴重な1回でした。クリスマスってだけで、街は騒がしいくらいにぎやか。クリスマスソン…

命の話

マルコと散歩に行くと必ずついてくる。どこでどうやってくっついたかわかんない。けど、くっついてくる。今日は立ってた。元気に立ってた。愛しいこの姿。生き物だと命があるのが理解しやすい。冷たくなるとか、動かなくなるとかあるから。でも、植物って分…

自然BGM

いつもならBGMがかかってる部屋の中。雨の日はわざとかけなかったりする。ここでは自然の音がすごく身近に聞こえる。雨の音も。ポツポツかと思えばザーザーになって。そんな雨の音を聞くために、音楽は鳴らさないことが多い。そしたら、たまに車の通る音がし…

秋の色どり

やっと。家から徒歩5秒の場所にあるイチョウの木が色づき始めた。1ヶ月くらい前、京都に帰った時にはすでに黄色や赤色の葉っぱが見られたのに和歌山に帰るとまだまだ緑色。実はわたしは緑色の方が好きなんだけど、やっぱり色が変わるとあ〜秋だなあ、って…

時間神様

あ、久しぶりになっちゃった・・・何してたかというと、別に何もしてないけど。ま、いろいろと近況変化ありまして、気持ち的に忙しかったです。 とはいえども、まわりは葉が色づきはじめて、冷たい風が吹くようになってきました。スーパーには、さんまやらカ…

ぼぶのあたまのなか

「楽しそうに生きてるよね」とか「自由人だね」とか「何目指してるん?」とか「行動力あるよね」とかなんかいろいろと人に褒めてもらえる(と思ってるw)ことがあるけれど、この前シェアメイトの直記と話した時に改めて自分の行動って何なんだって考えたので…

命と生きるということ

家族が増えました。 昨日、鶏さんがうちにやってきました。ごはんはあげないといけないし、お掃除もできない子たちだから、ちょっと手のかかる子たちだけど、とってもかわいいです。 今朝は目が覚めたら、「こけこっこー」と威勢の良い声が聞こえた。「あ〜…

毎日の日課に家いじり

家の改装をはじめました。お引越しすることになったので、今のおうちではなく、新しいおうちの改装です。改装と言っても、大工事をするではなく、自分たちでできる範囲で壁やドアを変えていきます。とりあえず今はこんな感じで ”THE 和風” なので、もうちょ…

田舎らしい時間の使い方

田舎にいるのと都会にいるのとで、時間の使い方が変わりました。こっちでは、人に使う時間がとても増えた。・・・いやいや、都会の方が人も多いし、知り合いもいるでしょう。というと、本当にその通りなんです。正確にいうと、予期しない人に使う時間が増え…

一大企画を終えて

『おむすびまつり』を終えました。 思えば7月。それまでちゃんと話したこともなく、顔見知りくらいだったじょーやさんに「やりましょ!」と持ちかけたわたし、それに「やろう!」とのってくれたじょーやさん。それがすべてのはじまりでした。 そこから2ヶ…

イキモノとイノチ

この子は愛犬の”マルコ”おじいちゃんみたいな顔してるけど、本当にかわいいなって思います。わんちゃん飼ってる人がどんなわんちゃんでも「うちの子が1番よ!」っていう気持ちが最近わかるようになりました。この子はわたしの彼氏であり、癒しであり、子ど…

田舎だからこそ

新聞に自分の顔が載るなんて24年ぶりじゃないかな。わたしが生まれた時、「今月生まれました」みたいなところに幼いわたしの顔写真が載ったことはあるはず。 今回は、おむすび祭りの企画をかぎつけて取材に来てくださったみたいだけど、いろいろと聞かれて…

野生動物と戦う

夜になると聞こえてくる「キャンキャン」という声。 わんちゃんじゃないよ。鹿の声。 畑の野菜を狙ってやってくる野生の動物たち自然のものは動物が先か人が先かいつも競争 とはいえども、自分たちが頑張って育てているお野菜たちを根こそぎ食べられるのは悲…

夏は避難

今日はおやすみ おてんとさんはじりじりと照りつけ、蝉はそれぞれの声で鳴き続ける。 暑いなあなんて思ったら車を5分ほど走らせて避暑地へ。家のすぐ近くに滝がある。今日は愛犬マルも一緒に。 ひんやりした空気はほてった体を冷やし、水の音は心を癒す。 …

炭を焼くということ

家から車で15分道なき道を進むと見えてくる灯り・・・ 覗いてみると、どっしりと大きな釜がたたずんでいます。釜の中の温度は1000度を超え、釜の入り口から見える真っ赤な炎はこれでもかと言わんばかりに燃えている。釜に近づけば、肌が焼けるように熱…

夏になったら作ります

夏はしその季節。うちには、去年植えてほったらかしにされてたしその葉がいーっぱい。これでもかってくらい生えてるから、それを使ってしそジュースを作るのです。 しそをつんで、洗って、茹でて、お砂糖と混ぜて、最後にお酢をいれたら完成。 とっても簡単…

田舎に潜む美しいもの1

昔から空が好きで、よく見てる。夜空を眺めながら家に帰ることが多くて・・・高校生のときに、自転車乗りながら星見てたら自転車ごと田んぼにおっこちたこともあったっけな。山頂で見るなら夜景よりも星空を見たいと思うし、だからといって星座に詳しいわけ…

田舎暮らしってどんなん?

田舎暮らしどんなん?みたいなことをよく聞かれるので、わたしの暮らしをここに書きとめることにしました。 とりあえず最近は”夏”を感じています。 虫の声がよく聞こえます。セミの声だけじゃなくて、いろーんな虫の声が夏を感じさせてくれます。 風が心地よ…